2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

メイプルの大幅な変更について

韓国で2010年6月21日に実装されたメイプルの大幅な改変

ずらっと並べて見るとこんな感じだそうですね(参考

・UI変更
・ウィンドウモード実装
・画面解像度 1024×768 追加
・必要経験値減少

・スキル追加, 仕様変更
- 大部分のスキル効果と数値が変更されました。
- 一部スキルのマスターレベルが変更されました。
- 新規1~4次スキルが追加されました。
- HP,MP増加量向上スキルの場合, 最大HPとMP上昇公式に含むよう修正され削除されました。
- 武器別に分離していたスキルが一つのスキルで統合されることにより
 マスタリー, ブースター, チャージ, EXアタックなどの同じスキルを
 武器制約なしで使うことができるようになりました。

・各種戦闘公式変更
- 物理攻撃力, 魔法攻撃力 関連公式が変更されました。
- 物理防御力, 魔法防御力 関連公式が変更されました。
- 物理命中率, 魔法命中率, 物理回避率, 魔法回避率 関連公式が変更されました。
- すべての職業に基本クリティカル確率とクリティカルダメージが追加されました。
- 武器別熟練度基本値が変更されました。
- 弓使い, 盗賊職業スキル使用時近接攻撃が発動されないように修正されました。
命中率, 回避率は物理, 魔法それぞれに分かれる。
攻撃力は棒,杖装備時は魔法攻撃力, その他武器装備時は物理攻撃力が表示される。
基本クリティカル確率 5%, クリティカルダメージ 120%~150%
熟練度基本値 武器毎に固定。

・クエスト関連条件等変更

・パーティークエスト条件変更
- 200レベルまで入れるようになる等

・マップ大幅変更
・モンスター能力変更
・ドロップアイテム変更
・他



この中にあるスキル変更で冒険家での主な変更点は下記の通り
☆冒険家の変更点
ヒーロー(英雄)系統
パラディン系統
ダークナイト(DK)系統
アークメイジ(火毒)系統
アークメイジ(氷雷)系統
ビショップ(聖魔)系統
ボウマスター(弓)系統
クロスボウマスター(弩)系統
ナイトロード(投)系統
シャドー(斬)系統
バイパー(拳)系統
キャプテン(銃)系統




そしてさらに
後にくる「ビックバン」とやらでメイプルが大変貌を遂げると言っても過言ではないでしょう


ビックバンでの変更点や追加点(参考

スキル改編
 仕様変更
 新規追加(40種)
 初期化アイテム配布
計算式変更
必要経験値減少
 Lv70 までの 総経験値 80%減
 Lv200 までの 総経験値 半減
ウィンドウモード
モンスターレベル変更
クエスト難易度調整
新職業レジスタンス(バトルメイジ, ワイルドハンター,メカニック)追加



参考文献:"憂いし悠久水素"様




いやぁ・・・
実にさまざまな変更点が目白押しです


さて、ここからが本題



これらを見た人たちの中には気分を悪くした人もいることでしょう
「今までやってきたことを全て否定されているようだ・・・」とも取れるでしょう

どうもこの変更は酷過ぎるという意見をよく聞きます・・・

しかし
ここで敢えて自分の意見を言わせてもらうとすると

「これらの変更は賛成であります」

別に「パラディンが強くなるから~」とかではないです

韓国でのインタビュー(こちら)を見ると

メープルストーリーサービスが7年になったが大部分50レベル前後でレベル業速度が遅くなりながらキャラクター育成(肉声)をあきらめて新しいキャラクターを育成することが多かった。最高レベルは200なのに50程度で止まればそれ以上のコンテンツは接することができなくなる構造は誤ったものと考えたし、メープルストーリーの他の故レベル用コンテンツも楽しめるようにするためにレベル業速度を高めた。



どうやらこれらのパッチは全て高レベルの者のために行なうのではなく
中間層のためのものらしい
「高レベルのものだけがメイプルをしているわけではない」
ここが一番間違えてはいけない重要な焦点なのだろう

「今までやってきたことを否定しよう」なんてことはまったくないのである


確かにやりすぎな面もあると思う
自分も一番初めは「なんだこれは」と思うこともあった

しかし、メイプルストーリーをやっていく上で最も大事なものはなにか
それは何よりも
「サービスが続いてくれる」ということではないだろうか

すでにメイプルが始まってから7年程経過している。
この7年もの間、多少のスキルの能力変更等があったが
メイプルの基盤とも言える目立つような変更はされていなかった

7年経過しようとする今
もっとこれから続けていくためには
やはり革命とも言えることがないと続けていくことは難しいだろう

革命を起こし、中間層のプレイヤーを飽きさせない
そしてさらに、新規ユーザーや引退者を獲得しないと運営していくことができない・・・





自分の憶測でしかないけれど
メイプルを運営してる人たちは、たぶんこういうことを考えたんじゃないかなぁ~と思ったりしてみました


これらの変更は、まだ韓国のテストサーバーで起きたことにしか過ぎません
いずれ日本にもやってくるだろう、という目処は立ちますが

目処が立つということは
「まだまだ日本のメイプルがサービスを続けていける」ということではないでしょうか


自分はメイプルができればそれでかまいません
「いつもの仲間、友人、ギルドの人たち、何より逢が
 "そこ"にいてくれさえすれば
 どんなに仕様変更したってかまわない」

自分はそう言いたかった

それに変更したらしたで、きっと楽しいと思う!



「仕様が変更すると『ついていけない』と言って引退する友人が増えるから嫌だ」
というのも聞きます。
「ついていけない」というのはおそらくメイプルのゲーム性についてでしょう

自分の場合・・・ゲーム性というのは追求してないから何とも・・・
メイプルに求めているものが「ゲーム」だけ、というのならやめて行く人もいるでしょう

そういう人はやめていってもしょうがないと思います
ただ・・・ふと
「そういえば○○(友人名)はどうしてるかな・・・
 ちょっと様子見だけしようかな。」
と戻って来るということがあるかもしれない

チャット民だけでも別にかまいはしないと自分は思います

「ただゲームがしたいだけ」
それなら、はじめから家庭用ゲーム機でいいのですから

メイプルの仕様が変更しただけでやめていくような人が一時はいると思います
でもまた戻って来る そんな気がします



 一番大事なのは
  何よりサービスが続いてくれて
   "メイプルストーリー"という居場所を確保してくれること



自分はそう思います




拙文でさらに長くなりましたが
ここまで見てくれた皆さん
ご清聴ありがとうございました




~コメントの返信~





時計乃職人(弟)

どまあり







ulnasさん

いやぁ・・・
コメント欄にある名前を返信するときに変えたらわからなくなるw
ということでよろしく!ulnasさん!

更新頑張りますd(。ゝω・´)







さて

勉強勉強~
頑張るぞ~!




昔よく遊んだゲーム「実況パワフルプロ野球10超決定版」の主題歌
なつかしいなぁ(*´ω`)
実家に帰ったとき毎回遊びます

スポンサーサイト
.11 2010 自分の考え comment4 trackback0
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。